共通規約

  • 家具、備品の配置を変更した場合は、必ず元あった位置に戻してください。そのままにしておくことがないようお願いいたします。
    また、撮影ブースをまたいだ家具の移動は禁止となっております。
  • 撮影ブースの常設光を消した場合は、終了後必ず点灯させてください。
  • 立入禁止区画への立入り、区画内に置いてある物の持ち出しは禁止です。くれぐれもお手を触れないようお願いいたします。
  • 備品や撮影ブースの破損があった場合には必ずスタッフに報告をお願いいたします。余程故意、悪質なものでない限り、弁償請求はいたしません。
    ただし、報告のない破損が後に発覚した場合は弁償請求をさせていただきます。
  • 屋根に登る際は必ずスタッフに声をお掛けください。
  • 当スタジオは廃墟系ブースメインのスタジオです。水気や砂埃が多い場所もございます。
    機材や貴重品の管理はお客様ご自身のご判断、責任でお願いいたします。
  • すべてのコースはお着替え、お片付けまでを含めたお時間です。余裕を持って撤収準備をお願いいたします。(通常18時まで、お一人様/1h 1,000円で最大2hまで延長可能)
  • お帰りの際はゴミのお持ち帰り、お忘れ物のご確認にご協力ください。
  • スタッフや他のお客様に対し威圧的な態度をとられる場合や、スタッフの指示に従っていただけない場合は、ご退場いただく場合があります。

上記の規約をお守りいただけない場合、その場で撮影を中止していただきます。
また、以降当スタジオのご利用を一切お断りいたしますのでご了承ください。

撮影機材について

  • シェアイベントでは、あまりに大きいアンブレラやソフトボックスは他のお客様のご迷惑になるのでご遠慮ください。(貸し切りレンタルは制限無し)
  • スタンド類やアンブレラやソフトボックスは、撮影時以外(移動時・待機時)は必ず畳んでください。これを守っていただけず、移動時にスタンドなどでスタジオ備品や内装を破損させた場合は、弁償請求させていただきます。
    今後、天井まで作り込んだ撮影ブースを作っていくため、現段階からご協力していただけるようお願いします。
  • ほとんどの通路も撮影ブースの一環になっているため、休憩時や機材で道を塞がないでください。
  • モデル様が着替え中に、機材を広げての場所取りは禁止しています。
  • スタジオ内をキャリーバックを牽いて移動しないでください。撮影ブースの破損など事故に繋がります。
    キャリーバックを持ってきてしまった場合は、車内や荷物置き場に置き、リュックや小型のカメラバックにまとめられる範囲で館内移動してください。
    持ち込み機材はなるべく減らす努力をしていただけると助かります。(自然光や定常光を活かしましょう)

以上のマナーを守っていただけない場合は、より厳密な機材の制限をしないといけなくなるので、ご協力よろしくお願いします。

撮影ブースの占有について

  • ひとつのブースを占拠しての撮影は、1時間半程度でお願いいたします。
    あくまで目安ですので、利用人数が少ない場合や、他にそのブースをお使いになりたいお客様がいらっしゃらない場合はこの限りではありません。
    シェアイベントでのご利用の際は、混雑状況や他のお客様のご利用状況に応じてのご判断をお願いいたいます。
  • 当スタジオの運営理念のひとつに、ブース単位ではなく館内全体の作り込みが挙げられます。
    撮影に使える箇所を少しでも多く作りたいという想いがありますので、休憩所やカメラマン様の待機所は設けておりません。
    そのため、基本的には空いている場所や荷物置き場付近で待機していただくことになりますが、すべての場所が撮影ブースであるということにご留意いただき、お使いになられたいお客様がいらっしゃった場合は速やかに移動のご協力をお願いいたします。
  • シェアイベントでご利用の際に使いたいブースが空いていなかった場合、「〇〇ブースのあたりにいるので、撮影が終わったら教えてください」「あとどのくらいでこちらのブースは空きますか?」「反対側を使ってもいいですか?」等お声をかけていただき、お客様同士での譲り合いにご協力ください。
    多方面から撮れるデザインになるよう努力をしておりますので、混雑時や希望ブースの被りが多い日にこそ、その強みを生かしていただければ幸いです。
  • 長時間の占拠でお困りの際は、スタッフにご相談ください。
  • どうしても長時間使いたいブースがある場合や、大規模な作り込み撮影を行いたい場合は、貸切でのご利用をご検討ください。

シェアイベントということを理解して、お客様みんなが協力して仲良く利用していただけるよう、ご協力よろしくお願いします。